鼻アレルギー治療

当院ではさまざまな鼻のアレルギー治療を行っています。お気軽にご相談ください。

鼻アレルギーとは:くしゃみ(鼻のかゆみ)、水様性鼻汁、鼻づまりの3症状。血液検査でアレルギー反応をおこす原因を確認すると良いでしょう。

治療法

【1.抗原の除去と回避】
血液検査にてアレルギー反応をおこす原因がわかれば、まずその原因をよせつけないよう工夫をしましょう。

【2.薬物療法】
上記(1)を行った上で、抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン薬、漢方薬、点鼻薬の投与を行います。

【3.アレルゲン免疫療法】
①皮下免疫療法
アレルギーの原因抗体(スギ・ハウスダスト)を少ない量から皮下注射を行っていく治療法です。
開始時は週に2回皮下注射を行い徐々に増量し、維持量に達したら(およそ3ヶ月程度)、1回/週を4回施行、その後 1回/2週を4回施行し、その後 1回/月 維持量を注射してゆき、それを最低3年〜5年間継続していきます。

②舌下免疫療法
スギ花粉症、ダニアレルギーと診断された12才以上の患者さんが治療を受けることができます。
1日1回、少量から服用をはじめ、スギの場合は2週間、ダニの場合は1週間が増量期、その後は決まった量を数年にわたり継続していきます(維持期→3〜5年間)。
少なくとも1ヶ月に1度、受診が望まれます。
初めての服用は医師の監督のもと行う必要があり、スギ花粉症の場合、スギ花粉が飛散していない時期に開始します。

(服用方法)
治療薬を舌の下に置き、2分間保持したあと飲み込みます。
その後5分間はうがい・飲食を控えます。
スギ花粉飛散がない時期を含め、毎日服用します。
服用する前後2時間程度は激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けます。

皮下免疫療法、舌下免疫療法が効果を発現するメカニズムは、アレルギー抗体(スギ・ハウスダスト・ダニ)が体内で反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応がおこることで症状がおさえられると考えられています。
当院で行える治療法ですので、ご希望の方はご相談下さい。

【4.手術】
レーザー、下鼻甲介切除術、下甲介化学剤焼灼術等があります。下甲介化学剤手術とは、鼻の粘膜(下甲介という場所)に化学剤を用いる手術です。当院で行える治療法ですので、ご希望の方はご相談ください。